MENU
新規会員登録・ログイン
動画ライブラリ 寛骨臼回転骨切り術の手技と工夫

寛骨臼回転骨切り術の手技と工夫

サムネイル
提供者
池 裕之(横浜市立大学)
刊行日
2021年10月10日
時間
04:59
出典1
整形外科サージカルテクニック2021年5号
出典2
連載「股関節骨切りセミナー 成人に対する寛骨臼側骨切り術」

47歳, 女性
2014年歩行時に右股関節痛を自覚.2019年10月に誘因なく右股関節痛が増悪し、疼痛が持続するため2019年12月紹介受診となった.
初診時所見:関節可動域は,屈曲 120°,外転40°、外旋45°内旋45°であり、屈曲内旋時に疼痛を認める.
画像所見:Center-edge角14°、Acetabular head index 66%と寛骨臼形成不全を大腿骨頭に軽度の骨棘形成を認めるが、関節裂隙は保たれており外転位での関節適合性は良好であった. CTでは寛骨臼前方に骨嚢胞を認めた.
治療方針: 寛骨臼形成不全による二次性の初期変形性股関節症と診断し、保存的治療を行うも右股関節痛が改善しないため、寛骨臼回転骨切り術を施行する方針とした.

「整形外科サージカルテクニック2021年5号」次の動画

  • ERでの初期治療

    00:44
  • 抗生剤投与のルール

    00:49
  • 抗生剤投与のルール

    00:58
  • デブリドマンのあり方

    04:52
  • デブリドマンのあり方

    07:02
  • 硬膜内髄外腫瘍の摘出:安全安心な手技

    07:14
  • 硬膜内髄外腫瘍の摘出:安全安心な手技

    11:56

関連番組