MENU
新規会員登録・ログイン
動画ライブラリ デブリドマンのあり方

デブリドマンのあり方

症例2 活性を失った壊死する組織のデブリドマン

サムネイル
提供者
畑下 智(会津中央病院)
刊行日
2021年10月10日
時間
07:02
出典1
整形外科サージカルテクニック2021年5号
出典2
特集「重症開放骨折 究極の初期診療を行い、患者を救え!」

61歳,女性.駐車場歩行中に,乗用車とポールの間に左下肢を挟まれた挟撃損傷.
左下腿の後内側ほぼ全長にわたり開放創を認め,脛骨は近位1/3と中1/3に粉砕を伴う骨折を認めた.受傷時当センター医師不在であり,当院整形外科が初期対応をし,受傷後3日目に紹介となった.受傷後4日目に損傷の評価,デブリドマンを目的に再度手術を行なった.
損傷の中心は下腿近位1/3〜1/2の後内側部であった.腓腹筋内側頭は挫滅損傷が強く,ヒラメ筋,長趾屈筋にも部分的に損傷を認めた.

「整形外科サージカルテクニック2021年5号」次の動画

  • 硬膜内髄外腫瘍の摘出:安全安心な手技

    07:14
  • 硬膜内髄外腫瘍の摘出:安全安心な手技

    11:56
  • 寛骨臼回転骨切り術の手技と工夫

    04:59

関連番組

  • 整形外科Surgical Technique BOOKs 9・・・

    33本
  • 整形外科 SURGICAL TECHNIQUE(整形・・・

    1本
  • 症例から学ぶ 偽関節の治療戦略

    2本
  • 整形外科サージカルテクニック2022年2号

    5本
  • 整形外科サージカルテクニック2022年1号

    8本
  • 整形外科サージカルテクニック2021年6号

    10本
  • 整形外科サージカルテクニック2021年4号

    6本
  • 整形外科 SURGICAL TECHNIQUE(整形・・・

    4本
  • 足部・足関節の外傷 診断・保存的治・・・

    17本
  • 整形外科 SURGICAL TECHNIQUE(整形・・・

    2本