MENU
新規会員登録・ログイン
動画ライブラリ 抗生剤投与のルール

抗生剤投与のルール

High CALI施行例①(造影剤を用いた透視画像の確認)

サムネイル
提供者
長谷川真之(湘南鎌倉総合病院)
刊行日
2021年10月10日
時間
00:49
出典1
整形外科サージカルテクニック2021年5号
出典2
特集「重症開放骨折 究極の初期診療を行い、患者を救え!」

 29歳,男性.バイクの単独事故で受傷.
右脛骨骨幹部開放骨折(AO分類 42C3,Gustilo分類ⅢB)の診断.洗浄,デブリドマン,創外固定を受け,受傷13日目に当院に転送.
 再デブリドマン後の損傷評価により,下腿遠位内側の皮膚欠損11×8cm,前方と深後方コンパートメントの筋群の損傷,5cmの分節状骨欠損を認めた.
 受傷17日目に髄内釘固定と予防目的に1週間のHigh CALIを施行.骨折部の近位と遠位の離れた位置に流入管としてアトムチューブを留置した.脛骨近位の髄内に留置したアトムチューブから造影剤を流し,髄内釘の脇から骨折部まで流れるところを透視画像で確認した.排出管としてNPWTを用いた.
 24日目に広背筋皮弁による軟部再建,骨欠損に対してMasquelet法を施行した.
感染を発症することなく経過している.

「整形外科サージカルテクニック2021年5号」次の動画

  • 抗生剤投与のルール

    00:58
  • デブリドマンのあり方

    04:52
  • デブリドマンのあり方

    07:02
  • 硬膜内髄外腫瘍の摘出:安全安心な手技

    07:14
  • 硬膜内髄外腫瘍の摘出:安全安心な手技

    11:56
  • 寛骨臼回転骨切り術の手技と工夫

    04:59

関連番組

  • 整形外科Surgical Technique BOOKs 9・・・

    33本
  • 整形外科 SURGICAL TECHNIQUE(整形・・・

    1本
  • 症例から学ぶ 偽関節の治療戦略

    2本
  • 整形外科サージカルテクニック2022年2号

    5本
  • 整形外科サージカルテクニック2022年1号

    8本
  • 整形外科サージカルテクニック2021年6号

    10本
  • 整形外科サージカルテクニック2021年4号

    6本
  • 整形外科 SURGICAL TECHNIQUE(整形・・・

    4本
  • 足部・足関節の外傷 診断・保存的治・・・

    17本
  • 整形外科 SURGICAL TECHNIQUE(整形・・・

    2本