MENU
新規会員登録・ログイン
動画ライブラリ レッグポジショナーを使用した最小侵襲前方アプローチ(AMIS)

レッグポジショナーを使用した最小侵襲前方アプローチ(AMIS)

人工骨頭置換術に用いられるアプローチ

サムネイル
提供者
石田崇(済生会横浜市南部病院)
刊行日
2021年06月10日
時間
06:08
出典1
整形外科サージカルテクニック2021年3号
出典2
特集「大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭置換術 エビデンスに基く手術手技と機種選択の実際」

最小侵襲前方アプローチ(AMIS)、レッグポジショナー、人工骨頭置換術、大腿骨頚部骨折

レッグポジショナーを使用した最小侵襲前方アプローチ(AMIS)による人工骨頭置換術
83歳、女性、左大腿骨頚部骨折(Garden分類stage IV)
①浅層は大腿筋膜張筋と縫工筋の筋間、深層は中・小殿筋と大腿直筋の筋間を進入
②前方関節包をV字に切開し、骨頭を抜去
③アウターカップを寛骨臼内に挿入
④股関節を外旋、伸展、内転位に保持し、ステムを大腿骨髄腔内に挿入
⑤ステムにインナーヘッドを設置し、股関節を中間位に戻してアウターカップとインナーヘッドを結合

「整形外科サージカルテクニック2021年3号」次の動画

  • 大腿骨内反骨切り術:動画1

    01:19
  • 大腿骨内反骨切り術:動画2

    04:00
  • 大腿骨内反骨切り術:動画3

    02:52

関連番組