MENU
新規会員登録・ログイン
動画ライブラリ 野球選手の内側側副靱帯損傷に対するPRP療法の効果

野球選手の内側側副靱帯損傷に対するPRP療法の効果

サムネイル
提供者
山田慎(亀田総合病院)
刊行日
2020年11月12日
時間
01:44
出典1
整形外科 SURGICAL TECHNIQUE(整形外科サージカルテクニック)2020年6号
出典2
連載「整形外科 最新トピックス」

肘内(尺)側副靭帯起始(近位)部損傷、肘内(尺)側副靭帯停止(遠位)部損傷、超音波ガイド下、多血小板血漿(PRP)療法、Trephination(穿孔)

肘尺(内)側側副靭帯前斜走線維(以下UCL)損傷に対するPRP療法。超音波ガイド下で損傷部位へTrephination及びPRP注入。UCL内側上顆付着部付近の起始(近位)部損傷に対しては、プローブをUCLに対して平行に当て、長軸像で超音波断層像を描出、尺骨鉤状結節付着部付近の停止(遠位)部損傷に対してはUCLを短軸像で描出し22G針を平行法にて靭帯損傷部まで穿刺し、損傷部の新鮮化のためのTrephination(穿孔)を行った後、PRPを注入する。

「整形外科 SURGICAL TECHNIQUE(整形外科サージカルテクニック)2020年6号」次の動画

  • 特集4 アキレス腱断裂に対する低侵襲手術療法 Internal braceを用いた治療

    04:23
  • 特集6 陳旧性アキレス腱断裂に対する瘢痕組織を用いたDirect repair method

    04:01

関連番組