MENU
新規会員登録・ログイン
動画ライブラリ 特集6 陳旧性アキレス腱断裂に対する瘢痕組織を用いたDirect repair method

特集6 陳旧性アキレス腱断裂に対する瘢痕組織を用いたDirect repair method

サムネイル
提供者
安田稔人(大阪医科大学)
刊行日
2020年11月12日
時間
04:01
出典1
整形外科 SURGICAL TECHNIQUE(整形外科サージカルテクニック)2020年6号
出典2
特集「アキレス腱断裂・損傷 ガイドライン改訂 確認・実践・応用」

アキレス腱断裂、瘢痕組織、再建術、早期運動療法、手術療法

「陳旧性アキレス腱断裂に対するDirect repair method」
本法は陳旧性アキレス腱断裂に対する瘢痕組織を利用した修復法であり、新たなコンセプトによる簡便で成績の良好な治療法である。本術式は自家腱を犠牲にせず、瘢痕組織の短縮により腱延長が是正される。また簡便な術式であるため、術後合併症も少ない。さらに手術侵襲により腱断端から線維芽細胞が遊走され、線維新生により腱は肥厚し、術後は早期運動療法を行うことにより膠原線維の配列が整い、修復腱の強度が増大する。

「整形外科 SURGICAL TECHNIQUE(整形外科サージカルテクニック)2020年6号」次の動画

  • 野球選手の内側側副靱帯損傷に対するPRP療法の効果

    01:44

関連番組