MENU
新規会員登録・ログイン
トップページ SLAP損傷に対する鏡視下手術

SLAP損傷に対する鏡視下手術

サムネイル
提供者
山崎哲也(横浜南共済病院)
刊行日
2020年05月13日
時間
02:23
出典1
整形外科 SURGICAL TECHNIQUE(整形外科サージカルテクニック)2020年3号
出典2
連載「投球障害肩に対する手術治療」

投球障害肩,SLAP損傷,鏡視下手術,スーチャーアンカー,肩峰外側ポータル

投球障害肩 SLAP損傷に対する鏡視下手術
23歳,男性,投手
関節鏡にてSnyder分類のType 2のSLAP損傷と診断
関節内へ陥入する遊離,浮遊した関節唇の切除(トリミング後),前上方関節唇を,スーチャーアンカーを使用し関節窩縁に縫合固定

「整形外科 SURGICAL TECHNIQUE(整形外科サージカルテクニック)2020年3号」次の動画

  • 整形疾患へのマイクロサージャリーの応用

    01:22
  • 整形疾患へのマイクロサージャリーの応用

    00:54
  • 整形疾患へのマイクロサージャリーの応用

    03:20
  • 整形疾患へのマイクロサージャリーの応用

    02:02
  • 整形疾患へのマイクロサージャリーの応用

    01:29
  • 整形疾患へのマイクロサージャリーの応用

    00:55
  • 整形疾患へのマイクロサージャリーの応用

    05:24
  • 整形疾患へのマイクロサージャリーの応用

    01:53
  • 整形疾患へのマイクロサージャリーの応用

    00:45
  • 整形疾患へのマイクロサージャリーの応用

    02:04

おすすめ商品